視聴覚教材

<発生の過程>

ヒトの発生(視聴覚教材)

ー 自作スライド説明 ー
赤字はイラスト
  1. ヒトの胎児 (2ヵ月) …… 羊膜中の羊水に保護された胎児 (胚)
  2. ヒトの卵巣 …… 親指大、輸卵管の先端がラッパ状に開口
  3. ヒトの卵 …… 100~150ミクロン、 一生の間に400個だけ成熟排卵、寿命は24時間
  4. 輸卵管の先端 …… フリル状の突起(排卵時に卵の方になびきすくい取る)
  5. 輸卵管内に取込まれようとする卵 …… 白い点
  6. 輸卵管内を移動中の卵 …… 粘液中を繊毛運動ににより子宮へと送られる。極体が3個みえる
  7. ヒトの精巣 …… コイル状に巻いた細精管の集まり (1本が50㎝、全長数百mに及ぶ)
  8. 精子の誕生 …… 細精管内で1日数千万個もの精子が減数分裂により誕生、寿命は3~4日間、しかし10%は奇形
  9. 受精競争中の精子 …… 卵を求めて子宮内に入り込み、さらに輸卵管へと進む (走化性、1cc中に3億個、1.5㎜/分)
  10.  
  11. 受精の瞬間 …… 1匹の精子だけが受精を許される。(約10時間後に数十個だけが到達、残りは迷子か死滅)
  12. 精核と卵核の合体 …… 尾部を残して頭部の精核がゆっくり卵核へ接近。
  13. 卵割開始 …… ヒトの染色体46本がそろう。
  14. 2細胞期 …… 4 → 8 → 16と細胞数が倍加する。図の番号 ①,②
  15. 8細胞期 …… (受精後1日目)
  16. 32細胞期 …… 透明層がこわれる。
  17. 桑実胚 …… (受精後4日目) ③
  18. 胞 胚 …… 卵割腔が生じる。 ④
  19. 子宮壁に着床 …… (受精後7日目) 軽い出血あり。 ⑤
  20. 排卵から着床までの過程(復習) …… 受精卵の68%が着床前に死滅。
  21. 子宮外妊娠 …… 輸卵管内に着床 → 大出血、前置胎盤 → 子宮内で窒息死(時には腹腔内に出て小腸に着床、出産は命がけ)
  22.  
  23. 胚盤胞 …… 中央にある2層の平べったい細胞層から胎児が生じる。 ⑥
  24. 胚盤胞 …… (受精後10日目)  外胚葉側 → 羊膜腔(羊水がたまる) 2つの環が対合する。 内胚葉側 → 卵黄のう (卵黄が浸出)
  25. 子宮壁から取り出した胚盤胞 …… 全長1㎜、 表面に柔毛 ( → 養分吸収)
  26. 外胚葉の下方後部に原口が生じる …… 縦長の溝(原始線条) ⑦
  27. 中胚葉の形成 …… 溝から外胚葉の細胞が内側に落込む。(胚葉の形成)
  28. 原腸胚 …… (受精後2週目)、三層構造(外胚葉 - 黒、中胚葉 - 青、内胚葉 - 赤)
  29. 原腸胚から胎児ができるまで …… 屈曲がおこる様子 (頭部が膨らむ → 脳)
  30. 胎児の器官形成 …… 内胚葉 → 消化系・呼吸系、中胚葉 → 筋肉系・骨格系・循環系・排出系、生殖系、外胚葉 → 皮膚系・神経系・感覚系
  31. 90°回転し、胚盤が起き上がる …… (受精後3週目)⑧
  32.  
  33. 神経胚 …… 神経管の形成が進む。体長米粒大
  34. 神経胚 …… 頭部のふたつのふくらみが後に脳になる。(体節は40対)
  35. 神経胚 …… 卵黄のうが完成し、栄養分を胚に補給するため血管が形成。
  36. 神経胚の断面 …… 脳、脊髄の完成。心臓の形成 (ただし1心房1心室)
  37. 尾芽胚 …… (受精後4週目) 屈曲が著しくなり、尾が形成される。 ⑨ つわりの開始。えら穴が存在する (ヘッケルの反復説)体長5㎜
  38. 尾芽胚 …… (受精後5週目) 手足の突起が生じる。へその緒の形成。 ⑩ 卵黄より赤血球が形成される。体長1㎝
  39. 羊水中の尾芽胚 …… 赤い斑点は心臓 (まだはく動しない)
  40.  
  41. 1ヵ月半の胚 …… (受精後6週目) 目、耳、鼻の形成が進む。⑪ えら穴が消え始める。口のように見えるのは耳孔(口は目の横)
  42. 顔の形成が進む …… 目は鼻より下に存在。(どんな美人も昔はこんな顔)
  43. 後方より観察 …… 頭が大きい (脳が先に発達)、水かき状の指が形成。
  44. 1ヵ月半の胚 …… 脳にいくつかの区分ができ始める。
  45. 7週目の胚 …… 目、耳、鼻が完成する。手足に指が完成。背骨が完成。⑫ 尾が消失し、肛門が開く。体長2㎝、2g (1円玉2枚)
  46. 7週目の胚を取り出してみた …… 柔毛が発達し、胎盤ができ始める。
  47. 7週目の胚を前面からみた …… だいぶ人間らしくなる。
  48.  
  49. 2ヵ月目の胚 …… 頭部が直立する。 透明なまぶたができる。⑬
  50. 2ヶ月目の胚の手足 …… 両手の大きさは3㎜、しかし骨も筋肉もある。
  51. 羊膜中の2ヵ月の胚 …… つわりが弱くなる。へその緒、胎盤がほば完成
  52. 3ヵ月目の胚 …… 子宮内いっぱいまで胚が成長する (3ヵ月までを胚) 人間としては完成品。体長10㎝、25g (10円玉3枚)
  53. 3ヵ月目の胚 …… 腎臓が尿の排出を開始する。→ 出産後の排出の練習。羊水中の尿を胚が飲み込む。→ 出産後の吸収の練習
  54. 4ヵ月目の胎児 …… 胎児が1ヵ月に5㎝ずつ成長(子宮が肥大開始) 母親の腹部が目立ち始める。妊娠中期、体長、15㎝、200g
  55. 4ヵ月の胎児 …… 羊水中で盛んに運動する。(胎動開始) 妊娠中期へ
  56. 血管がどんどん発達 …… 心臓がはく動を開始する。皮下脂肪がない。 
  57.  
  58. 5ヵ月半の胎児 …… うぶ毛が生じる。羊膜をつかんだり、離したり。⑭
  59. 5ヵ月半の胎児 …… 指をくわえて吸引の練習中。
  60. 6ヵ月目の胎児 …… 出産に備えて、頭が下になるよう回転する。 頭髪、まゆ毛がはえる。胎動著しい。体長30㎝、600g
  61. 6ヵ月の胎児の子宮内での位置 …… 下部に繊維状のクッションを用意。
  62. 8ヵ月目の胎児 …… うぶ毛が消えてくる。皮下脂肪の形成。 (しわの除去) ⑮ 目が見える、母体外でも発育可能。体長40㎝、1700g
  63. 8ヵ月の胎児の母体内での位置
  64.  
  65. 10ヵ月目の胎児 …… 1個の受精卵から一人前の赤ちゃんに!(30兆個)(臨月) 頭髪が太く長くなり、皮膚が丸みを帯びてくる。
  66. 出産前期 …… 受精後280日(40週)、28日が1ヵ月で実質9ヵ月(十月十日説 → 最終生理から28日を1ヵ月で数える) 子宮収縮ホルモン(脳下垂体後葉ホルモン)→ 陣痛(産みの苦しみ → 陣痛の間隔が短くなり… → 破水 (羊膜が破れる)
  67. 出産後期 …… 頭を回転しながら、胎児が外に押し出される。( → 頭骨の天井部分がまだ柔らかい) うぶ声をあげて、肺呼吸の開始。( → 全身赤くなる、赤ちゃん (出産の刺激で胎盤呼吸から肺呼吸に切り替え)
  68. へその緒の切断 …… 独立した一人前の人間になる。 不要になった胎盤は、出産後に排出される。(後産)
  69. 赤ちゃんの誕生 …… 母親の愛情を一杯に受け、すくすくと育つ赤ちゃん。
    ※ 新生児黄疸 : 胎児性ヘモグロビンの破壊
    ※ 母乳かミルクか → できるだけ母乳を。初乳には母親の免疫