酵素の働き( 講 義 )

酵 素 の 働 き  ( 講 義 )

1)酵  素  と  は
    “酵素パワー”・・・・・酵素の力で汚れをすばやく分解する。(ハイトップ)
    “消化酵素”・・・・・ 口の中でご飯をしばらく噛んでいると少し甘くなる。
                       ↓
              だ液中の消化酵素(アミラーゼ)によってご飯(デンプン)
              が消化され糖(麦芽糖)ができた。
     もし、消化酵素がなければ何時間も加熱し続けなければならない。
          (タンパク質にいたっては強酸を加え数日間もかかる)
      but 酵素があれば、常温でしかも短時間で反応がすすむ。
         (細胞内で加熱は不可能)(食べて消化に何日もかかれば大変)
   ※ デモ実験 : 「消化剤によるのりの分解」
       障子貼り用ののり(市販)に消化剤(ワカモト)を加えると、ドロドロ
       したのりが、サラサラした水溶液に変化する。(なめると少し甘い)
 
        酵 素  = 生 体 触 媒
           自分自身は変化せず、微量で生体内の化学反応を著しく
           すすめる。

  ・ 自分自身は変化しない。(何回でも使える → 微量で働く)
  ・ 常温で著しく化学反応を促進する。(不可能な反応を可能にするのではない)
    活性化エネルギーを低下する。(安定した原子間の結合を不安定な状態に)
      例、紙に火をつけると燃えて他の物質に変わる。(活性化エネルギー)
                        ↓ 
     ※ デモ実験 : 「タバコの灰よる角砂糖の燃焼」(活性化エネルギー低下)
                         → 化学変化をおこしやすい状態にする。
  ・ 細胞内で合成され、生体内のあらゆる物質交代に働く。(光合成、呼吸 etc)
     (細胞内で働くものが多いが、消化酵素のように細胞外で働くものもある)
  ・ タンパク質を主成分とする。分子構造が長いので複雑に折れ曲って、基質と
    ピッタシ合う構造を持つ。(基質に直接働きかける活性中心をもつ)

2)酵 素 の 性 質
  ① 基質特異性
     特定の酵素は特定の物質(基質=酵素の働きを受ける物質)にのみ働く。
       例、アミラーゼ →  デンプン (デンプン以外には働かない)
          ペプシン  →  タンパク質(タンパク質以外は分解できず)
    「鍵と鍵穴の関係」……酵素が基質と結合する。(酵素-基質複合体)
        活性中心に合わない基質とは結合しない。(阻害剤…誤って結合)
                                 
                                        以下省略